きみに拍手を贈りたい

ゆるゆると雑談とか布教とかレポを書きます。サボりがちなので頑張りたい所存。

144-ラブソング

こんばんはかえるマニアです。

今日は最近気になっている映画のお話。

 

ここのところ私は素晴らしいプロセカくんブームなのですが、最近では公式動画では飽き足らず、二次創作動画までも漁っています。

そんなところ見つけたのがこの動画。


神代類にラブソングを

 

最初は一体何なんだこれはと思って再生したのですが、その瞬間衝撃。

どうやら『天使にラブ・ソングを』という映画のワンシーンの替え歌らしく、しかも最近どこかの界隈で替え歌が流行っている....?らしく。

ノリノリのシスターたちが神代類について高らかに歌い、伴奏に天馬司が出てきて、TLの別ユニ推しフォロワーがのぞきに来て、神代類ってなんだ??と頭を抱えだすシスターたち。なんだこのカオスは。

でも曲が耳に残って歌詞が当てはまりすぎて無性にリピートしたくなるこの動画。勢いあまって高評価を押しましたね。

 

 

こうなると次に気になってくるのが映画本編ですよね!

なんでもこの『天使にラブ・ソングを』という映画は1992年に公開された映画らしいです。思いのほか結構昔ですね。どうやら今はディズニー系列になっているようです。

天使にラブ・ソングを…』(てんしにラブソングを、原題: Sister Act)は、1992年製作のアメリカ映画

ギャングの愛人であり、殺人事件の現場を目撃した、しがないクラブ歌手が、かくまわれた修道院で巻き起こす騒動を描いたコメディーアメリカでは6ヶ月を記録する大ヒットロングランとなり、主演のウーピー・ゴールドバーグの人気を不動のものにした。

 (wikipediaより)

www.disney.co.jp

 

しかしこのノリノリのシスターたちを見て彷彿とさせるのがグレイテストショーマン。これもなかなかの名作でしたが、私、登場人物がノリノリで歌っているシーンが大好きなんですよね。なんかもうそれだけで幸せになる。この空間に居合わせたい。そう、グレイテストショーマンと同じ匂いがする、この映画。これは見てみたい。普段映画になんて、ましてや外国の作品なんてまるで興味が沸かないのですが、これに関しては神代類のおかげで気になっています。片割れがまだディズニー+の解約してなかったら見せてもらおう。解約してたら....どこかでレンタルしてみます(どうやらU-NEXTなら無料トライアルが試せるのでそこで見ようかな)。

 

というわけで今日はこのへんで!ではまた。また見たら感想書きます。